冷凍枝豆

日本人はイソフラボンの摂り過ぎ?

日本人はイソフラボンを摂り過ぎではないのかという話もありますが、本当にそうなのでしょうか。
確かに日本人はイソフラボンを豊富に含んでいる大豆製品を食べる習慣があります。
豆腐に味噌に納豆にと確かに日本人が昔から食べてきた食品ではあります。
でも朝に豆腐の入ったお味噌汁に納豆を食べて、昼は大豆製品は食べず、夜には肉豆腐を食べたとしても大体30mg前後のイソフラボンでしょう。
1日75mg以上を毎日摂るような場合には摂り過ぎということも言えるのかもしれませんが、これはあくまでも平均しての1日当たりの量となりますからこれだけのイソフラボンの量を摂れている日本人は少ないのではないでしょうか。

実際に1日に摂ってほしい量は64mg程度というのが推進されている量となり、これだけの量を毎日摂るということは実は難しいのかもしれません。
時にはほとんど摂らない日というのもあるでしょうからとてもとてもそれだけの量を平均して摂っているということはないですね。

そこでサプリなどで足りない分のイソフラボンをサプリで摂るという人が多くなっているのですが、サプリの場合には、食材から摂るよりも吸収率も良くなりますから、やはり気を付けた方が良いでしょう。
サプリなどを利用しているような人の場合には摂り過ぎということも考えられますが普段の食事の中で摂り過ぎになっているということはないとは言いませんが少ないのではないでしょうか。

たくさん摂ればそれだけいいというものではありません。
イソフラボンの過剰摂取は危険ですのでサプリで多めといった考えはやめておいておきましょう。
女性の場合には閉経後にはさらに多くの量を摂ることが勧められていますから、普段から大豆製品などをしっかり摂る習慣をつけておくことも必要な事なのかもしれません。
日本人はたくさんのイソフラボンを摂っていると思っている人も多いのかもしれませんが、実際には、それほどたくさんの量を摂っているということはありません。普段の食事であれば摂り過ぎの心配http://www.jimthorperestinpeace.com/tyuuijikou.htmlはしなくても良いかもしれませんね。