冷凍枝豆

イソフラボンには効きやすい人と効きにくい人がいる?

今ではイソフラボンといえば美容と健康のためになくてはならないものとなってきていますが、友達が良いといっていたサプリなどを飲んでも効果を実感することができないという人もいるのではないでしょうか。
イソフラボンといっても効きやすい人もいれば効きにくい人もいるということなのでしょうか、どんなものでも人それぞれで違いがありますからそういうことはあるのかもしれませんね。

イソフラボンには種類があり、ゲニステイン・ダイゼイン・グリシテインの三つになります。
種類によってその働きにも違いがあるのですが、中でも最もエストロゲンを助ける働きをするというのがゲニステインとなり、他のダイゼイン、グリシテインはその働きはほとんどないものとなっています。
ということはゲニステインが一番良いのかというと実はそうでもないのですから難しいですね。

もう一つイソフラボンには違いがあるものがあり、代表的な大豆イソフラボンはグリコシド型で糖がついている状態となるために体で吸収することが難しいものとなっています。
でも大豆を加工して作られている味噌や醤油といったものに含まれているイソフラボンはアグリコン型で、糖が外れて吸収しやすい状態になっています。

ですからまず基本としては、アグリコン型のイソフラボンということになり、それに合わせてタイゼイン型が良いと言われています。
タイゼイン型はそのままではエストロゲンを助けるという働きはほとんどないのですが、体の中に入り腸内の細菌によってエクオールというイソフラボンに変化することができこれによって効果を高めることができるということになります。

ただし、体内でエクオールに変化させることができるのは人によって違いがあり、エクオール生産菌と呼ばれている菌を多く持つ人とあまり持たない人とがいることからその違いが生じてくるようです。
日本人のように大豆や大豆加工品を多く食べる場合にはエクオール生産菌を多く持っているということが言われているのですが、近年では日本人といってもあまり大豆を摂らない傾向もみられとくに若い世代にはエクオール生産菌が少ないということが言われています。
これもイソフラボンが効く人と効きにくい人の違いになってきているのかもしれませんね。