冷凍枝豆

アグリコン型のイソフラボン味噌がおすすめ

イソフラボンは体に良い美容に良いということで多くの人が大豆製品などを意識して食事に加えたりサプリで補充したりしていますが、イソフラボンといっても実は二種類あるということをご存知でしょうか。
イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型があり、この違いは、糖が周りについているのといないのということになります。
グリコシド型は周りに糖がついていることから体内に吸収されにくいということがいわれており、アグリコン型の方は、糖がついていないためにより小さなものであり体内にも吸収しやすいということが言われています。
といってもグリコシド型の方でも周囲についている糖が腸内で分解されれば体内に吸収されるということになりますから、低吸収型とも呼ばれています。

納豆や豆腐といった大豆を加工したものに含まれているイソフラボンはグリコシド型となっていますから中には体に吸収しにくいということもあります。
これは腸内最近によって糖が分解されるのですが、人それぞれ腸内細菌には違いがありますから、どうしても分解しにくくうまく吸収することができないということになってしまうんですね。
ということで吸収されやすいアグリコン型の方がより多くの人に効果が出やすいのではないかということが言われますが、いったいどのようなものに含まれているのか、サプリなどでもアグリコン型のものとなっているものもありますが、食材ということでは味噌が代表的http://www.cocteautwins.org/miso.htmlとなります。

味噌のように発酵されているものの場合には十分な発酵が行われるために糖が外れた状態になっています。
豆腐など意識してもその効果がわからないということであれば味噌に注目してみるとよいでしょう。
といっても味噌も食べ過ぎは良くありません、じっくり発酵された味噌を使った料理を工夫してみるとよいのですが、塩分もありますし、ごはんのように食べるものではありませんから、毎日ちょっとずつでも続けるという方が重要です。